クジラの読書日誌

読んでみた小説や漫画の読書記録とか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

象られた力 

象られた力 飛 浩隆 ハヤカワ文庫



この作者の方はしばらく活動していなかったそうで
最近書き出してSF大賞とったのかな? それはまだ読んでないけど・・・

お休みする前に書いた作品を集めた短編集

・デュオ
  双子の天才ピアニストの秘密は3人目にアリ
  音楽を題材にしたものは初めて読んだかもしれない

・呪海のほとり
  呪海と呼ばれる形を取っている世界、そこから外れたトコにある惑星での話
  世界観はスペースコブラ?に1番近いような気がするが、不思議で古典的なイメージが・・
  
・夜と泥の
  テラフォーミングのシステムにより森に定期的に繰り返し現れる(作られる)少女
  システムのバグか仕組まれたものか
  オチが見えなかった・・

・象られた力
  消失した惑星の位置から送信される物語
  終盤ちかくまでは隠された見えない図形を追うイコノグラファーのお話だった
  でも図形を見たら発動する超能力って急展開で終了
  物語自体も畳まれてしまったのかな・・・


なんとなく自分の好む作風と離れている感じはしますが
これは昔の作品とのことなので新しくでている作品をみてみようかな〜と思います
関連記事

category: SF小説

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bookmark31.blog.fc2.com/tb.php/24-ab1b74a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブログランキング

検索フォーム

リンク

PR1

PR2

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。