クジラの読書日誌

読んでみた小説や漫画の読書記録とか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

僕たちの終末 

僕たちの終末 機本伸司 ハルキ文庫

近い将来、太陽活動異常により人類滅亡が迫るなか
「宇宙船を作って逃げる」ということをあるていどリアルに書いた作品。
多少実現されていない技術などができますが、お金の問題、法律、他勢力その他
もし実現していくなら出てきそうだな〜と思わせる裏の問題なども書いてあって
なるほど〜と思わせる内容でした。
夢のようなテクノロジーが出てこないので宇宙船の構造、居住空間にしても定員にしても
なんだか現実的です。
現在の少し先の技術で数光年先の星を目指すならばこうなるのかな?
人類の危機を描いた作品というよりも恒星間の旅の準備を書いたものとして
考えたほうがいいかもしれません。

あー 宇宙船を「作るまで」が作品のメインですので注意です。


関連記事

category: SF小説

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bookmark31.blog.fc2.com/tb.php/2-9b12f7b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブログランキング

検索フォーム

リンク

PR1

PR2

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。