クジラの読書日誌

読んでみた小説や漫画の読書記録とか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

遺跡の声 

遺跡の声 堀晃 創元SF文庫

主人公は銀河系ペルセウス腕の外縁で宇宙進出を果たせず滅亡した文明の遺跡を調べる調査員。
辺境宙域で想像を超えた遺跡を巡る主人公と助手の結晶生命体トリニティによる調査記録。

宇宙調査員シリーズの短編を最新作までまとめた本です。
・太陽風交点・・・婚約者のクローン脳と結晶生命体トリニティとの出会い
・塩の指・・・惑星の流体核生命で生きる生命のお話
・救助隊II・・・危機に対して分裂し結局共倒れになった文明の跡のお話
・沈黙の波動・・・惑星を覆う論理回路のお話
・蜜の底・・・遺伝子進化の結末はナメクジになるの巻
・流砂都市・・・他惑星における自転周期調整の方法について
・ペルセウスの指・・・情報化社会が小さい隕石で滅亡したお話
・渦の底で・・・硬度ゼロ物質惑星
・遺跡の声・・・トリニティとの別れ

設定はおそらく遠未来
超空間航法や通信が発達しており光年単位を数百時間程度で移動可能な宇宙船があり
調査員とか研究者が宇宙をウロウロしてる世界。

短編の集合体ではありますが「ほほ〜」と思える本です。
人類も宇宙進出を果たせなければ他の文明に調査されたりするのかな〜と思ったり・・・


おまけ:
 活躍の場である銀河系ペルセウス腕先端部。ペルセウス腕?とは

 銀河系の渦の形作っている光ってる筋の部分のこと。
 中心から延びる「腕」としてそれぞれ名前がついている。
 調べてみると昔は銀河系の渦を形成している主腕は
 「スクタム−センタウルス腕」、「ペルセウス腕」、「ノルマ腕」、「サジタリウス腕」 の4つだった。
 でも最近の観測で「スクタム−センタウルス腕」、「ペルセウス腕」の2つの主腕で構成されているとのこと。
 太陽系は「ペルセウス腕」から伸びる枝部分の「オリオン腕」に存在するらしい。
 名前は銀河中心から見てそれぞれの方向にその星座があるからそこから命名されている。


関連記事

category: SF小説

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bookmark31.blog.fc2.com/tb.php/18-9bfecaab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブログランキング

検索フォーム

リンク

PR1

PR2

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。