クジラの読書日誌

読んでみた小説や漫画の読書記録とか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

老ヴォールの惑星 

老ヴォールの惑星 小川一水 ハヤカワ文庫JA

初めて読んだ小川一水の作品でした。
短編集でしたが同じ著者の本を捜すきっかけになった本です。

内容(うろ覚え)
 「老ヴォールの惑星」・・・どこかのホット・ジュピターの生物が他の星と連絡を取ろうとする話
 「ギャルナフカの迷宮」・・・刑罰として地下に落とされた人が喧嘩したり協力したりして脱出しようとする話
 「幸せになる箱庭」・・・異星人との遭遇して夢から覚める話
 「漂った男」・・・水の惑星に不時着したパイロットが結構な年数をプカプカ浮いてすごす話

自分としては「老ヴォールの惑星」が好きでした。
「老ヴォールの惑星」に出てくる生物がどのような形状なのかずっと気になってましたが
表紙のイラストがそうなのかな・・小説内の説明ではよくイメージできなかったです。


関連記事

category: SF小説

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bookmark31.blog.fc2.com/tb.php/1-acfcc2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブログランキング

検索フォーム

リンク

PR1

PR2

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。