クジラの読書日誌

読んでみた小説や漫画の読書記録とか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

バスジャック 三崎亜記 集英社 

バスジャック 三崎亜記 集英社


「失われた町」に釣られて中古で買った本です。

短編集
・二階扉をつけてください
 →住宅の二階には扉が設置してある。地上からそこへ上がる階段があるわけでもなく2階に扉がある
  この用途を知らなかった夫の話。
・しあわせな光
 →丘から自宅を見ると過去の風景が見えた話。
・二人の記憶
 →思い出ががまったく一致しない恋人の話。
・バスジャック
 →バスジャックが何かの競技のようになってる話。
・雨降る夜に
 →雨の日に本を借りる話。
・動物園
 →動物園の檻のなかで動物を演じる仕事をしてる人の話。
・送りの夏
 →人形セラピーと親子関係についての話。

お話の設定にSFチックなものが含まれてるものが多いですが、
短編ゆえか「バスジャック」「送りの夏」以外は不完全燃焼っぽい感じを受けました。

自分的にはちょっと不満な内容です。余りお勧めできません。





スポンサーサイト

category: その他小説

TB: 0    CM: 0

失われた町 

失われた町 三崎亜記 集英社



30年毎に起きるとされる町の住人の消失、
その町の「消滅」はるか昔より不可解な現象として続いている。
「町」は意思を持ったかのように消滅による「悲しみ」を察知しさらに消滅を広げていく。
ゆえに消滅により失われた人々を悲しむことは国に禁じられ、
さらにその町の痕跡を「無かったモノ」として抹消する。
地図、本、写真、領収書や服に書いた名前にいたるまで、その町の名前を持つモノ、想像させるもの全て。

その理不尽な悲しみ「町の消滅」に抗う人々の物語。

文章や表現は結構読み安いと感じました。

内容としては
「月ヶ瀬町の消滅」により大事な人を失った人々が「次の町の消滅」を防ごうとガンバル?お話。

まず「次の町の消滅」に対する作戦直前のエピローグで始まり、
次ぎに「月ヶ瀬町の消滅」直後からエピローグに続く話をメンバー分という流れ。

それぞれのエピソードの主人公が最後に集約されるのはなく、最初の話から順にメンバーが追加
されて深く関連して話が進んでいくいくような感じで構成されている。
これ誰だっけ?と迷うことが無いのでわかりやすい。

時代背景や場所は他の世界のイメージみたい
お国柄は高射砲塔、防空訓練、などすこし軍事国家体制下?な印象を受けるが
お話にはほぼ関連しないのでたいした問題では無い。
時代としてはネットらしき表現があるので技術的には現代に近い設定と思われる。

町の消滅については、単純に言うと住民の集団失踪ではあるが、
強引にさらわれるというものでは無く、「町」の目に見えぬ力により精神的も消滅を受け入れ、
肉体も消滅するというもの。
ゆえに消えた人々の抗った痕跡、ダイイングメッセージ、などは皆無。
実際に人間の肉体がどのような方法で消えていくか?という技術的なものは謎とされ
特にネタバレ解説もされていないが、それもあまり重要では無いかな・・・。
ついでに消滅する町がどこなのかは予測不能。でも首都のような「都市」では起きないみたい。
未解明の「定期的に起きる理不尽な災厄」として扱われている。


この理不尽な災厄からどのような物語が生まれるのか、
というところが読み応えがある部分と感じます。

この作者の方は「となり町戦争」というのも著書にあります、
「町」シリーズはこれから先もつづくのかなぁ・・・。






category: その他小説

TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブログランキング

検索フォーム

リンク

PR1

PR2

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。